11月28日(土)ギャンブル依存症対策推進フォーラム開催案内 @大手町 日経カンファレンスルーム

  • 2015/11/12
  • 11月28日(土)ギャンブル依存症対策推進フォーラム開催案内 @大手町 日経カンファレンスルーム はコメントを受け付けていません。

「一般社団法人 ギャンブル依存症問題を考える会」(東京都中央区 代表理事・田中紀子)は11月28日(土)13時半より都内で、ギャンブル依存 症の回復者である元関脇貴闘力忠茂氏、ギャンブル依存症専門医、依存症問題に取り組む与野党の衆参国会議員を招いて「ギャンブル依存症対策推進フォーラ ム」を開催する。

昨年夏に報道等で大きく取りざたされた厚生労働省科学研究によると、国内のギャンブル依存症罹患者は536万人と推定されており、IR推進法案への慎重論の根拠として依存症が上げられることが多い。
今回のフォーラムではIR推進法案のほか、報道等において世論をにぎわせている野球賭博、日本のギャンブル依存症の対策等をテーマとしている。

考える会はIR推進法案については賛成、反対いずれの立場も取っていない。ただし、海外ではカジノ・IRが導入されている国を含め、ギャンブル依存 症の予防啓発、治療施設が普及しており、主催者は「カジノの是非に関係なく、日本の取り組みが大きく遅れている現状に課題を感じている。本シンポジウムを 社会的議論のきっかけとしていただければ幸い」と話す。

参加申し込みは下記HPにて。
ギャンブル依存症対策推進フォーラム 開催案内および参加申し込み

なお、考える会は現在「ギャンブル依存症対策推進のための10万人著名プロジェクト」を展開している。
ギャンブル依存症対策推進のための10万人著名プロジェクトHP

「ギャンブル依存症対策推進フォーラム」の概要
■主催(一社)ギャンブル依存症問題を考える会 ■共催(一財)希望日本投票者の会(代表理事 志太 勤)
■日時 2015年11月28日(土) 13:30~16:30(受付開始13:15)
■会場 日経カンファレンスルーム(千代田区大手町1-3-7日経ビル6階) ※大手町駅C2b出口直結
■参加費 1,000円(資料代込み・学生無料)

<主なプログラム、登壇者>
① 講演:公営競技から野球賭博まで 角界追放とまでなった「元関脇 貴闘力関が語る赤裸々ギャンブル体験」
② パネルディスカッション:体験者と医師による 「ギャンブル依存症」とはどんな病気なのか?」
元関脇 貴闘力忠茂氏
筑波大学医学医療系社会精神保健学 森田展彰准教授
北里大学ギャンブル依存症専門外来 蒲生裕司講師
成瀬クリニック 佐藤拓院長
ギャンブル依存症問題を考える会 田中紀子代表理事
③ パネルディスカッション:国会議員による「ギャンブル依存症対策を推進するには」
柴山昌彦 衆議院議員(自由民主党)
初鹿明博 衆議院議員(維新の党)
薬師寺みちよ 参議院議員(無所属)
ファシリテーター=宇佐美典也氏、田中代表
④ 職親プロジェクト事例報告:「罪を犯したギャンブル依存症者の雇用への取り組み」
カンサイ建装代表取締役 草刈健太郎氏

(トライアンフ 佐藤亮平)

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る