IR*ゲーミング学会が29日に学術大会・総会を開催、IR議連細田会長らが登壇予定

IR*ゲーミング学会は6月29日(月)、都内の第一ホテル東京にて「第12回学術大会・総会」を開催する。同学会は2003年2月に発足し、IRとゲーミングのほか、観光、余暇、文化などについて法学、経済学、社会学など多面的なアプローチによって研究を行い、長年にわたってIR推進法案成立に向けた議論をリードしてきた。

学術大会・総会は例年「ゲーミング部会」と「IR部会」の2部構成で行われており、IR部会ではリチャード・マグナス前シンガポールカジノ規制機構総裁がシンガポールのゲーミング規制の成功および日本への示唆をテーマに講演を行うほか、世界各国の主要オペレーターがプレゼンテーションを行う。またIR議連の細田博之会長、小沢鋭仁副会長、萩生田光一事務局長および谷岡一郎学会長の4名によるIR法案およびIR議連の今後の展開をテーマとした座談も行われる予定だ。

総会後の懇親会では例年現職大臣を含めて多くの衆参国会議員が駆けつけており、IR推進法案の議論が盛り上がる中、今回も大いに注目を集めるものと思われる。(佐藤)

IR*ゲーミング学会 ホームページ

カジノIRジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る