Las Vegas Sands 2Q業績:当期利益YoY30%減。マカオ、シンガポール減。日本、韓国に注力

  • 2015/7/23
  • Las Vegas Sands 2Q業績:当期利益YoY30%減。マカオ、シンガポール減。日本、韓国に注力 はコメントを受け付けていません。

22日にラスベガスサンズ社が2015年2Q業績を発表した。引き続き、マカオ市場の不振により、収益は縮小した。
一方では、着実に環境変化への対応を進めている。これは、1)マスを利益の主体とするビジネスモデル、2)アジアにおける事業基盤の強化、など。

2Q業績(3ヶ月間):
・売上高$2,921mn、YoY19%減、調整後EBITDAは$1,016mn、同23%減、株主帰属当期利益$469mn、同30%減。
・調整後EBITDAの連結および地域別の動向(2014年1Q, 2Q, 3Q, 4Q, 2015年1Q, 2Q)
-全社連結=$1,479mn, $1,312mn, $1,283mn, $1,346mn, $1,050mn, $1,016mn(YoY23%減)
-マカオ(Sands Chinaサンズチャイナ)=$939mn, $801mn, 809mn, $711mn, $527mn, $560mn(YoY30%減)
-シンガポールMarina Bay Sands=$435mn, $417mn, $351mn, $518mn, $415mn,$363mn(YoY13%減)
-米国ラスベガス=$79mn, $66mn, $90mn, $78mn, $74mn,$54mn(YoY18%減)
-米国Sands Bethlehem=$26mn, $27mn, $29mn, $36mn, $29mn, $34mn(YoY22%増)

利益構成比ではマスが主体に:
・マカオ、シンガポールとも利益はマス主体の構造に。
・過去12カ月間部門利益の構成比
-マカオはマスゲーミング59%(テーブル51%、スロット8%)、VIPゲーミング12%、ノンゲーミング29%
-シンガポールはマスゲーミング57%(テーブル37%、スロット20%)、VIPゲーミング15%、ノンゲーミング30%

拡大注力エリア:
・マカオのコタイ地区の拡大、そして日本、韓国。すべてアジア。前回はベトナムが入っていたが、今回は消えた。
・開発におけるファイナンスポリシー
-最低20%のROIC(投下資本利益率)
-必要資金の25~35%をエクイティ、65~75%がプロジェクトファイナンス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. VIPバカラに新テーブル登場!

    オンラインカジノ ワイルドジャングルカジノ 【VIPバカラに新テーブル登場!】マックスベットは1万…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る