アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

  • 2015/2/1
  • アジアの「VIPルーム」の特徴とは? はコメントを受け付けていません。

アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。

しかし現在は韓国やマレーシア等、多数の国のカジノでも日本人を見かけるようになっています。

アジアにあるカジノと一口に言っても特徴は様々ですが、例えばマカオやフィリピン等のカジノはヨーロッパに比べると「開放的」と言えるでしょう。

一般観光客に開放されたエリアでは、ラフな格好の観光客も少なくありません。

とは言え「VIPルーム」ともなるとTシャツ・GパンOKのアメリカほどフリーダムな様子ではなく、やはりサンダル履き・ショートパンツ等のカジュアルすぎる格好はNGというカジノの方が多く見られます。

なお、これはドレスコードというわけではないのですが、アジア地域のカジノに共通した特徴として「非常に冷房が効いている」というものがあるため、特にVIPルームでは夏季でも厚着の人がほとんどで、半袖の人をあまり見かけません。

アジア地域では「冷房=高級感」という認識が現在も強く残っているため、ハイクラスのVIPルームになればなるほどエアコンディショナーが強くかけられる傾向にあるようです。

アジア地域でカジノのVIPルームに行くのであれば、羽織もの等は用意しておいた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 【速報】え?女性が彼とのベッドの中で約100万円獲得!?

    ベラジョンカジノから【速報】です。   ベラジョンカジノで、 わずか約…

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る