リアルカジノのVIPルームが閑古鳥?コンプ充実を狙うなら今

  • 2015/8/14
  • リアルカジノのVIPルームが閑古鳥?コンプ充実を狙うなら今 はコメントを受け付けていません。

ここ数年、カジノの主力が徐々に「オンラインカジノ」に移っていることは、カジノ好きならご存知のはず。
この影響はヨーロッパ、アジア、アメリカと世界各地に広がっています。

例えば2015年7月のマカオの全カジノ収益は、前年比の30%以上の落ち込みに。
またラスベガスのバカラの6月売上も、2014年の同月と比較して50%以上という大幅なマイナスを見せてしまいました。

この大幅減益には、カジノ一般フロアの利用者のみならず、VIPルームクラスのハイローラー達までもがオンライン移行をしていることがひとつの理由となっています。

最近のオンラインではディーラーとライヴチャットで話しながらゲームプレイができるなど、自宅にいながらにしてリアルカジノさながらの臨場感あるプレイができるわけですから、その利便性に飛びつく人が多いのもうなずけるところです。

とは言えこの状況は、これからリアルカジノのVIPルームを目指す人には悪い情報ではありません。
マカオでもラスベガスでもVIPルーム利用者数を増やすべく、宿泊・滞在中の様々な無料特典をさらに充実させる方向性を見せています。
日本ではなかなか味わうことができない「VIP待遇」をリアルカジノで受けにいくなら、まさに「これから」がチャンスと言えるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

  1. アジアの「VIPルーム」の特徴とは?

    アジアのカジノというと少し前までは日本では「マカオ」ばかりが注目されていた時期もありました。 …

おすすめ記事

  1. ベラジョンカジノから【速報】です。   スマホで遊べることでも日本でも人気…
  2. エンパイアカジノで遊んでいて気になった点がいくつかあったので、サポートの方に直接きいてみました♪ …
  3. 40ドルベットでのプレイ中に獲得した無料ゲームの1スピン目に、スキャッター絵柄が5個揃い、合計ベット…

話題をチェック!

  1. 一般フロアで更にミニバカラであれば、日本のゲームセンター程度の額で参加できてしまうカジノの「バカラ」…
  2. 2015年1月で、マカオ全体の「いわゆるギャンブル」の収益が、8ヶ月連続で下落したと発表されました。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る